Standard Template Library プログラミング on the Web
Standard Template Library プログラミング
on the Web

1985年、AT&TのBjarne StroustrupがC++をこの世に送り出しました。その後C++は様々な拡張を繰り返しながら進化してきました。

1991年、ISOはC++の国際標準(standard C++)を定める作業を開始しました。標準C++の最終草案は1997年にISO C++標準化委員会に承認されました。

標準C++が規定するのは言語仕様だけなく、C++標準ライブラリも規格の中で明確に定められています。それまでC++のライブラリといえばiostreamぐらいのものでしたし、それもあくまで"事実上の標準"でしかありませんでした。

そしてそのC++標準ライブラリの一部として組み入れられたのがSTL(Standard Template Library)です。すなわちSTLは標準C++の仕様の一部ということです。

僕がSTLを知ったのは1995年、いくつかのコンパイラがtemplateをサポートし始めた頃です。実際にコードを書いてSTLの使い方を習得していくにつれ、STLの底知れぬパワーに驚く一方、これまでのライブラリに対する考えを根底から覆されたように感じました。ファイルの入出力とかユーザインタフェースとか、具体的な処理をお手伝いしてくれる従来のライブラリと異なり、STLは可変長配列やリストなどのデータ構造、そして検索や交換といった抽象的なアルゴリズムを提供します。

本書は標準C++の一部として組み入れられたSTLについて、その構造や使い方をサンプルを交えながら解説するものです。STLの提供する様々なクラスや関数を厳密に説明することは避けました。厳密なリファレンス・マニュアルよりも、より高性能なプログラムをより簡単により効果的に実装する道具としてのSTLの解説を心がけました。


この本、単行本としては僕の処女作なわけですが、2002年7月をもってめでたく絶版とあいなりました。はっはっは。
幸いにも生原稿がHDの奥深くに沈んでいるのをサルベージしましてね。せっかくだからWeb上で公開してやろうと出版社('秀和システム'さん)にお伺いをたてたところ、'OK'とのこと。
皆様のComputing Lifeがほんの少し、ハッピーになりますように。
※ 1999年発行ですから内容は少なからず旧くなっています。加筆/修正はここ。※